占い師になる方法

占い師として活躍するには、まず占い師になる必要があります。どうやったら占い師になれるのか、占い師になるために必要な情報を紹介しています。

占い師になるには

どうやったら占い師になれるのか、占い師になる方法を紹介します。

占い師である証明

よく勘違いされていることは、「占い師になるには資格はいらない」ということです。実際には占い師になるのに資格は必要ないのですが、時々占い師になるには資格が必要だと勘違いしている人を見受けます。確かに占いに関する資格は存在しますが、その資格を取得したからといって絶対に占い師として活躍できるわけではありません。反対にそういった資格を何一つ持たずに人気トップの占い師になっている人も大勢います。

占い師になる方法

ではどうやって占い師になるのでしょうか。実はその方法はとっても簡単で、たった一言宣言すれば占い師になれます。「私は占い師です」とそう言ってしまえばだれでも、極端な話学生でも主婦でもおじいちゃんでも占い師になれます。
しかし、現実問題、占いのできない占い師は占い師とは言いません。誰でも簡単に名乗ることはできますが、占い師として活躍したいのならやはり占いの技術の習得は必要不可欠です。

占いを学ぶ

占いの技術の習得方法はいくつかあります。それぞれメリットデメリットがあるので、自分に合った方法で学んでいくとよいでしょう。

弟子入りする

昔からある方法で、すでに占い師として活躍している人のもとに弟子入りして占いの知識を学んだり、占い師のことについて学んだりする方法です。実際に活躍している人から学ぶので、一番確実に知識を得られます。
しかし、昔は一般的な方法でしたが、近年は占い師を目指して弟子入りする人数が増え、その割にまじめに学ぶ意欲のない弟子が増えているため、弟子入りを渋る占い師も増えています。そのため、なかなか弟子をとってくれる占い師が見つからないのが現状です。

独学で学ぶ

自身で占いの教材などを揃え、自力で学習していく方法です。他の学習法に比べ費用がかからない利点がある半面、身近に問題解決のために質問できたり、技術の実践ができる機会がないという問題もあります。しかし、誰かに縛られることなく自分の好きな占術について学ぶことができるので、学びたい占術があらかじめある時などは良いかもしれません。近年は趣味程度で始めた占いがプロの道に繋がったという人もいるので、独学でも十分にチャンスはあります。

学校で学ぶ

占いについて専門的に教えている学校やカルチャースクールで学んでいく方法です。占い師や占い会社が経営している場合が多く、体系的に占いについて学べます。だいたいは占星術、タロット、易といった知名度の高いオーソドックスな占術の講義が用意されています。費用は数万円~数十万円と学校や学ぶ占術によって差はありますが高額であることがほとんどです。時間とお金に余裕があれば挑戦してみてもいいかもしれません。

通信教材で学ぶ

最近は通信教育で占いの講座を展開しているところもあります。学校やカルチャースクールなどに比べて、扱っている占術が幅広いのが特徴です。自宅で自分の都合に合わせながらも教材で体系的に学んでいくことができます。費用は数万円~数十万円ですが、通いの学校などに比べるといくらか安めになっているようです。

技術を習得したら

何か一つでも占いの技術を習得して占えるようになったら、その時点から占い師を名乗ることができます。しかし、占いの学習はここで終わりではありません。占い師になってからも日々学習ですし、毎日新たな発見ができるでしょう。また、他の占術の習得を目指してもいいかもしれません。複数の占術を使いこなすことで、さまざまな視点から問題をみることができるようになります。
ここから占い師として活躍するには二通りの道があります。自身で開業して個人で活動していく方法と、店舗や占い会社に所属して所属先で占い師として活躍する方法です。自分の技術に自身がついたら、プロとしての活動も視野に入れるとよいでしょう。